風呂敷の便利な使い方【エコバック】

幅広い使い道がある風呂敷

 環境を守るために、エコバックを利用する人が増えています。
実は、風呂敷ってとても優秀なエコバッグになるんです。

風呂敷はアレンジ次第で様々な形状・大きさのバッグになります。
お買い物前にバッグ状にしておいてももちろん便利です。

なんといってもこのバックの利点は、形が定まっていないこと。
布一枚から作られているので、底マチの大きさも高さも自由自在です。

スイカだろうとフランスパンだろうと、なんでも調整次第で突っ込めます。
ですが、オススメなのはもう一つの使い方。

それは、大き目の風呂敷を畳んだままスーパーへ持っていくこと。
スーパーでお買い物をするとき、キャッシャーさん(レジ係さん)は、
お客さんが買うものを入れたカゴから、レジを通した物を入れるカゴへと、
商品を入れ替えますよね。

このレジを通した後の物を入れるカゴの上へ、畳んだまま持ってきた風呂敷を
さっと広げて、その上に買ったものを入れてもらう方法です。

ポイントは、布の4角をカゴの上の辺から垂らしておくことです。
精算が済んだら、1辺の両端をそれぞれ一度一結び。
そしてもう一度手が通るくらいの大きさの余裕を持たせて、その上で(端っこの方で)真結び。

こうすると、持ち手になります。
カゴからエコバックに移す手間もなく、キャッシャーさんが入れてくれた、
重い物が下、軽い物が上、という理想的な入れ方そのまま、持って帰ることができます。

リストタイトル
楽しみ方
収納
意外な使い方
風呂敷の色
おしゃれとして
ホームページ
包む文化
慶弔
活用法
サブバッグ
結婚挨拶に
ご利用方法